Dartでyamlファイルを読み込む方法

こんにちは、株式会社Pentagon代表の山本です。

当社では「アプリを駆使した事業を立ち上げたい」方のために、アプリの設計・デザイン・開発までまるっとサポートしています。

前回、DartでのJSONファイルの読み書きを実装しました。
今回は、yamlファイルの読みを実装してみたので、まとめておきます。
yamlファイルの読み込みには、次のパッケージを使います。
https://pub.dev/packages/yaml
できあがったコードがこちら。

import 'dart:io';

import 'package:prompts/prompts.dart' as prompts;
import 'package:yaml/yaml.dart';

Future<void> main() async {
 //現在のディレクトリを取得
 final cwd = Directory.current.path;
 //入力するYAMLファイルのパスを指定
 final filePath = prompts.get('YAMLファイルのパスを入力してください', defaultsTo: cwd);

 final yamlFile = File(filePath);
 if (!yamlFile.existsSync()) {
   throw '$yamlFile は存在しません。';
 }

 //YAMLを読み込み
 var yaml = loadYaml(yamlFile.readAsStringSync());
 stdout.write('-------------------------------\n');
 stdout.write('$yaml\n');
 stdout.write('-------------------------------\n');
}

簡単に、yamlファイルを読み込むことができました。

採用情報はこちら
目次
閉じる