【Flutter】漢字にふりがなを付ける方法

こんにちは、株式会社Pentagonでアプリ開発をしている山田です。
https://pentagon.tokyo

今回は、Flutterで漢字テキストにふりがなを付ける方法を解説します。

【こんな人に読んで欲しい】

子供用アプリで漢字にふりがなが必要なアプリを開発している人
アプリ内で漢字にふりがなを付けたい人

【この記事を読むメリット】

アプリでふりがなが必要な方にとって参考になるかと思います。ぜひこの記事をご活用ください。Flutterでふりがなを実装する方法の一連の流れが分かります。

【結論】

Flutterでふりがなを実装するのは、ライブラリを使えば容易ですである。
「ふりがなを実装する方法どうしたらいいの?」と疑問に思ってる方は、ぜひ読んでみてください。

目次

今回作成するアプリのサンプル画像

今回は次のような画像のアプリを作成します。

作成したサンプルアプリの全体のコード

以下が今回作成したサンプルアプリの全体のコードです。

import 'package:flutter/material.dart';
import 'package:ruby_text/ruby_text.dart';

void main() {
 runApp(
   MyApp(),
 );
}

class MyApp extends StatelessWidget {
 @override
 Widget build(BuildContext context) {
   return MaterialApp(
     home: Scaffold(
       body: SafeArea(
         child: Padding(
           padding: const EdgeInsets.all(64),
           child: Center(
             child: Column(
               mainAxisSize: MainAxisSize.min,
               children: [
                 Padding(
                   padding: const EdgeInsets.all(16.0),
                   child: RubyText(
                     [
                       RubyTextData(
                         'でいごの',
                       ),
                       RubyTextData(
                         '花',
                         ruby: 'はな',
                       ),
                       RubyTextData(
                         'が',
                       ),
                       RubyTextData(
                         '咲',
                         ruby: 'さ',
                       ),
                       RubyTextData(
                         'き',
                       ),
                       RubyTextData(
                         '、',
                       ),
                       RubyTextData(
                         '風',
                         ruby: 'かぜ',
                       ),
                       RubyTextData(
                         'を',
                       ),
                       RubyTextData(
                         '呼',
                         ruby: 'よ',
                       ),
                       RubyTextData(
                         'び',
                       ),
                       RubyTextData(
                         '、',
                       ),
                       RubyTextData(
                         '嵐',
                         ruby: 'あらし',
                       ),
                       RubyTextData(
                         'が',
                       ),
                       RubyTextData(
                         '来',
                         ruby: 'き',
                       ),
                       RubyTextData(
                         'た',
                       ),
                       RubyTextData(
                         '呼',
                         ruby: 'よ',
                       ),
                       RubyTextData(
                         '、',
                       ),
                       RubyTextData(
                         'でいごが',
                       ),
                       RubyTextData(
                         '咲',
                         ruby: 'さ',
                       ),
                       RubyTextData(
                         'き',
                       ),
                       RubyTextData(
                         '乱',
                         ruby: 'みだ',
                       ),
                       RubyTextData(
                         'れ',
                       ),
                       RubyTextData(
                         '、',
                       ),
                       RubyTextData(
                         '嵐',
                         ruby: 'あらし',
                       ),
                       RubyTextData(
                         'が',
                       ),
                       RubyTextData(
                         '来',
                         ruby: 'き',
                       ),
                       RubyTextData(
                         'た。',
                       ),
                     ],
                   ),
                 ),
                 Padding(
                   padding: const EdgeInsets.all(16.0),
                   child: RubyText(
                     [
                       RubyTextData(
                         '検査検査',
                         ruby: 'けんさ',
                         style: TextStyle(fontWeight: FontWeight.bold),
                         rubyStyle: TextStyle(fontSize: 32),
                       ),
                     ],
                   ),
                 ),
               ],
             ),
           ),
         ),
       ),
     ),
   );
 }
}

ふりがなの付け方の解説

必要なパッケージ

ふりがなを付けるために必要なパッケージは次の通りです。
ruby_text

Pubspec.yaml ファイルは次の様になります。

dependencies:
  ruby_text: ^3.0.1

ふりがなの付け方

ふりがなを付けるときは次の様なコードになります。

RubyText(
 [
   RubyTextData(
     '検査検査',
     ruby: 'けんさ',
     style: TextStyle(fontWeight: FontWeight.bold),
     rubyStyle: TextStyle(fontSize: 32),
   ),
 ],

ここではRubyText()にふりがなを付けたい文章を入れます。
その後、RubyTextData()に文章と、ふりがなを ruby: に指定します。
必要なスタイルはstyle: とrubyStyle: に記載すると、画像の様に変更可能です。

まとめ

今回の記事はいかがだったでしょうか?
「ふりがなを実装するのは難しくない」と感じたかもしれません。
この記事を参考に、Flutterのパッケージを利用してふりがなを実装してみてください。

採用情報はこちら
目次
閉じる