開発中のアプリを動画で撮影してgifに変換する方法【iPhoneシュミレーター・実機】

こんにちは!株式会社Pentagonの山本です。

プルリクエストを作成するときにgifを添付したいときってありますよね。この記事では、実機またはシミュレーターで動画を撮影してgifに変換する方法を紹介します。

【この記事を読むメリット】

この記事を読めば、コマンドでmovファイルをgifに変換することができ、レビュワーに優しいプルリクエストを作成することができます。

【調査の動機】

GitHubのプルリクエストにmovファイルをアップロードしたかったのですが、movファイルのアップロードができないため、movをgifに変換しようと思ったので、調査しました。

注)最近では、GitHubにmovファイルをアップロードできるようになっています。

【結論】

ffmpegを使うとmovファイルをgifに変換することができます。

目次

iPhoneシュミレーターで画面を動画撮影する方法

コンソールを開いて、任意のディレトリで以下のコマンドを実行します。

xcrun simctl io booted recordVideo <file_name>.mov

このコマンドを実行すると画面録画状態になるので、シミュレーターを操作します。

操作が完了して録画を終了したい場合は、control + C で終了すると、実行ディレトリにmovファイルが生成されます。

実機で画面収録をする方法

左下のボタンを押すと画面収録できます。あとは、AirDropなどでパソコンに動画を送ります。

movファイルはGitHubにアップロードできない

movファイルはGitHubのコメント欄にアップロードできないんです。なので、movファイルを、gifに変換する必要があります。

撮影した動画をgifに変換する方法

FFmpegを使用してmovファイルをgifに変換します。インストールしていない人は、インストールしましょう!

brew install ffmpeg
ffmpeg -i <file_name>.mov  -r 20 <file_name>.gif

これでmovファイルがgifに変換できました。あとは、gifファイルをGitHubのコメント欄にドラック&ドロップすればアップロードできます。

まとめ

オンラインの変換サービスなどもありますが、機密情報保持の観点からサードパーティのサービスに動画データをアップロードするのはあまりよろしくないので、ローカルで行える方法を探していましたが、FFmpegはコマンド一発で変換できるので便利でした。

採用情報はこちら
目次
閉じる