UE4に入門した

こんにちは、株式会社PentagonでエンジニアをしているYamatoです。

※ソースコードや、各情報の詳細は省きます。
※ゲームを作ったことがない人からの視点で書いていますので、正しい情報は各々調べて下さい。

普段はインフラの構築や運用をしていますが、今回は全く関係のないジャンルについて触れたいと思います。

今更ながらUE4に入門してみました。インフラエンジニアといってもCやbashに触れる機会もあり、iOSアプリ開発にも携わってきましたが、ゲームを作るということは一切ありません

。Unityを触ったことがありますが、操作性に慣れずゲームを作る意欲がなくなり放置していた程度です。

目次

UE4について軽く触れます

UE4はフォートナイトで有名なEpic Gamesからリリースされているゲームエンジンです。キングダムハーツ3や鉄拳7など有名なゲームがこのゲームエンジンを採用しているようです。UE4を採用しているゲームを見ているとクオリティを期待できます。良いものができるのがわかっているので、後は技術力やアイデア・アセットの用意ができれば、想像通りのゲームができる。

なぜUE4に触れようとしたの

ストリーマやVtuberの方が新作ゲームで遊んでいる動画を公開されているのを見て、その界隈で流行った時にどれくらいゲームが売り上げられているのかが気になりました。売上を調べるにあたって、steamspyというサービスで調べました。steamspyでは、Steamの公開ユーザのプロフィールからサンプリングされ、どれだけのダウンロード数があるかを推測されます。最近流行ったゲーム(タイトルは伏せます)では、日本では2,000円で売られ100000-200000DLという情報が出ているので、最低でも2億円の売上があります。手数料等があるので、Steamから振り込まれる金額は税金、Steamの手数料、円交換にかかる手数料等などが引かれた金額になるとは言え、かなり夢があるなと思い、まずは触ってみようとなりました。

入門について

まずは、どんなゲームを作っていくことになるかを想像し、TPSのゲームとしました。

・TPSにした理由は、ゲーム制作をする上でノウハウが多そう(勘)
・作ってみたいゲームの視点がTPSだった
・流行っているゲームはTPSが多い印象今回は触れるのが主な目的なので、理由は軽いです。

今回入門するにあたって、やりたいことを設定しました。

・TPSのゲームを作る
・マルチプレイヤの実装にふれる
・アクションをつける(クリックしたら銃から球が発射されるなど)
・歩く

そんなやりたいことを網羅していたサイトがあったので、そのまま参考にしました。

UE4に入門する上で参考にしたサイトはこちらです[▼無料アセットで簡易TPS!(全6回)]参考にしたのは第1回から第4回までです

完成したもの

https://assets.st-note.com/production/uploads/images/55067652/picture_pc_ea85845dd6c608d897627f726c590362.gif

今後やりたいこと

・銃から球を発射するのではなく物を投げるアクションに変更する
・マップを変更する
・ジャンプのアクションを変える
・ダッシュの実装を行っていきたいと思います

感想

始めは4.13.2のバージョンを使っていました。右クリックをすると通常メニューが表示されるところが1分くらい待たないと表示されなかったり、プルダウンメニューも同様に表示されないなどが起きてかなり時間がかかりました。そのためUnityに触れた時と同様インストールして終わりにしようかと思いましたが、ふとバージョンを確認すると、早期アクセスでUE5を利用できることがわかったので、UE5を開くと同じ現象が発生しませんでした。早期アクセスということもあって、マーケットプレイスにはUE5用のものがなかったので、UE4の最新版を利用することにしました(4.26.2)最新版のUE4はサクサク動作しました。4.13.2のバージョンやUE5を触った時間を抜けば、ざっくり一時間くらいでインストールと実装が終わったことを考えるとかなり良いゲームエンジンだと思います。

採用情報はこちら
目次
閉じる